一般大衆の誤った勉強方法

バイナリーオプションで賭けているトレーダーの全体の約9割は負けていると言われています。

その方たちの勉強方法はたいていが「インジケータの組み合わせ」です。

例えば、下記のような手法です↓

・ボリバン-3σ(-2σ)に陰線がタッチしたときにストキャス20以下、RSI30以下のときにhighに賭ける。ー①

・直近安値にサポートラインを引いて、そのラインに陰線がタッチして、ストキャス20以下、RSI30以下のときにhighに賭ける。ー②

・ボリバン-3σ(-2σ)に陰線がタッチしたときにCCIが200以下、または、100以下になったときの角度が急なときにhighに賭ける。ー③

・サポートラインを陰線の実体がブレイクしたときに、MACDとストキャスがデッドクロスしている状態になっていることを確認してlowに賭ける。ー④

・一目均衡表(ロウソク足より上側にある状態)が分厚く、一目均衡表の中に陽線が入る瞬間に、ストキャス80以上であるのを確認してlowに賭ける。ー⑤

・ボリバン-2σを陰線がブレイクして、中長期移動平均線に陰線がタッチしたときにhighに賭けるー⑥

以上のような手法で賭けている場合は安定的には勝てません。

ダメな順で並び替えると、

①、③⇒②⇒⑤⇒⑥⇒④

な感じです。

なぜこのような順番になるかは、また記事に上げます。

話を戻して、なぜこれらが勝ちにくいかというと、①~⑥の手法にある共通点があります。

それは「相場的解釈を入れたエントリー根拠が1つもないから(サポートラインは除く)」です!

バイナリーで勝てるか勝てないかは、相場的解釈を入れたエントリー根拠があるかないかで決定するといっても過言ではありません。

相場的解釈を入れたエントリー根拠はものすごく強いものであれば1つだけでも良いし、少し弱いものであれば3つぐらいあれば充分です。

しかし、インジケータだけを組み合わせてやっている方たちは相場を読まずにひたすらインジケータの研究をしまくって、結局それが無駄な勉強になってしまうのです。

 

勝つために必要な勉強方法、勉強手順

まずは、「どこで賭けるか」などより、「相場はどのように動いているか」を理解することから始めたほうが良いです!

例えば、この質問に答えられますか?↓

【問題1】

相場というのは、レンジ相場⇒トレンド相場⇒レンジ相場⇒・・・の繰り返しであるが、図1のようなMT4を見たときに、どの足でレンジ相場が始まり、どの足でレンジ相場が終わり、どの足でトレンド相場が始まり、どの足でトレンド相場が終わるか分かりますか?

図1.相場の転換点はどこ?

 

まず賭け方よりこれができないと安定的に勝つというのはできないし、一生無駄な勉強をすることになります。

この相場の理解と相場の転換点が分かれば、次に、ラインを引く練習です。

ラインというのは人によって色々引き方も変わるのですが、考えているポイントは基本的に同じです。

どこがみんなに意識されているラインなのかを考える必要があります。

適当に引いても意識されていないラインであればロウソク足が反応しないので意味がないです。

ラインを引きながらどのような投資家心理(プロスペクト理論)が働いているかどうかを考えながら引きましょう!

そして、投資家心理が分かれば、投資家心理が働いている場所で順張りや逆張りをして賭けていくという方法をとっていきます。

オシレータは投資家心理を読むのには適していません。

なぜかというと、オシレータは過去のデータを算出したものだからです。

過去のデータから投資家心理を読むのは基本的に無理です。

投資家心理というものは値動き(波動)から読み取るものだからです。

だからインジケータを組み合わせるだけでは勝てないのです。

 

まとめ

勝つための勉強方法として、

①相場を理解すること

②ラインを自分で引けるようになること

③投資家心理が最も働いているのはどこかを理解すること

④①~③を理解できた状態で、投資家心理が最も働く場所で順張りや逆張りをすること

以上となります。

このような賭け方を「ライントレード」といいます。

ライントレードは最も勝率が高く、長期的にそして、安定的に勝てる方法なので、インジケータを組み合わせてトレードするのではなく、「ライントレード」できるようにしましょう!!

 

問題1の答え

問題1の答えが欲しい方はライン@までご連絡を。

また、今回の記事に対して質問がある方もライン@までお願いします。