プロスペクト理論とは?

(wiki抜粋)

プロスペクト理論は、たとえばファイナンスにおける意思決定などにおいて、人々が既知の確率を伴う選択肢の間でどのように意思決定をするかを記述するものである。

そのプロスペクト理論の元となった実験で、

・質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

  1. 選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
  2. 選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

  1. 選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
  2. 選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

質問1は、どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額である。にもかかわらず、一般的には、堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いとされている。

質問2も両者の期待値は-100万円と同額である。安易に考えれば、質問1で「選択肢A」を選んだ人ならば、質問2でも堅実的な「選択肢A」を選ぶだろうと推測される。しかし、質問1で「選択肢A」を選んだほぼすべての者が、質問2ではギャンブル性の高い「選択肢B」を選ぶことが実証されている。

この一連の結果が意味することは、人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向(損失回避性)があるということである。

質問1の場合は、「50%の確率で何も手に入らない」というリスクを回避し、「100%の確率で確実に100万円を手に入れよう」としていると考えられる。また、質問2の場合は、「100%の確率で確実に100万円を支払う」という損失を回避し、「50%の確率で支払いを免除されよう」としていると考えられる。

【参考】https://ja.wikipedia.org/wiki/プロスペクト理論

 

簡潔に言うと、損をしていない状態であれば、リスクを回避して利益を得ようとし、損をしている状態であれば、損失分を取り返そうとするということです。

 

プロスペクト理論がバイナリーにも関係ある

賭けているときに投資家心理を考えたことありますか?

相場というものは大衆心理が動かしていて、たいていの場合は、みんなが相場が上昇すると思っているときは逆に下降したり、相場が下降すると思っているときは逆に上昇してしまうといったものです。

バイナリーでいうと、自分が賭けた方向とは逆に相場が動いてしまうということです。

ということは、大衆の方で相場を見るのではなく、少数派の方から相場を見るようにすればバイナリーで勝てるということですね!

バイナリーで負けている人は全体の約9割で、その人たちが大衆心理内で賭けているので、残りの勝ち組の1割の人達の視点に立って相場を見ることが大事というわけです!

プロスペクト理論の観点から、損をしていない状態であれば、リスクを回避して利益を得ようとするということは、FXの利確ポイントのことですよね。

そのFXの利確ポイントで逆張りすると勝てるということが、考えたら分かりますよね!

損をしている状態であれば、損失分を取り返そうとするということは、FXの損切ポイントのことですよね。

そのFXの損切ポイントでは順張りすると勝てるということが分かりますよね!!

 

逆張りするときに当たるときとはずれるときは投資家心理がどうなっている?

例えば、高値圏で陽線がレジスタンスラインをブレイクするとします。

その瞬間にlowに賭けるとして、当たるときとはずれるときで、それぞれどのような投資家心理が働いているでしょうか?

【当たるとき】

レジスタンスライン付近でFXトレーダーたちの利確が多数発生しています。

そのため、チャートは下降します。

【はずれるとき】

レジスタンスラインに至っても利確はあまり発生せず、買い増しされている状態です。

そのため、チャートは上昇します。

このように賭けるときは、賭けるエントリーポイントでどのような投資家心理が働いているかを考えてから賭けるようにしましょう!

 

まとめ

損をしていない状態であれば、リスクを回避して利益を得ようとするということは、FXの利確ポイントに該当する。

そのFXの利確ポイントで逆張りすると勝てる。

損をしている状態であれば、損失分を取り返そうとするということは、FXの損切ポイントに該当する。

そのFXの損切ポイントでは順張りすると勝てる。

 

他のバイナリーサイトでは、プロスペクト理論についてほとんど触れられていないので、ここで掲載しました。

実は、このような考えが勝つためには1番大事だということが、この記事を読んでみたら分かると思います。