オシレータについて復習

オシレータとはストキャスやRSI、CCI、ウィリアムズ、MACD、ADX、DMIなどのサブチャートに表示されるインジケータであり、主に、買われすぎ、売られすぎなどを示したものになる。

ストキャスは80以上で買われすぎ、20以下で売られすぎを示し、RSIは70以上で買われすぎ、30以下で売られすぎとなる。

それらは過去の値動きを参照して計算した結果を表示するものになる。

 

ラインとは?

レジスタンスラインやサポートライン、トレンドライン、フィボナッチなどのことである。

オシレータと違い、自分でラインを引かなければならなく、相場的観点が必要になる!

自分で引いたラインが将来どのように働き、どのような相場を形成するか自分でシナリオを立てる必要がある。(*1)

 

オシレータとラインを組み合わせた手法で勝てるのか?

よくある手法として、

ストキャス80以上、RSI70以上のときに、レジスタンスラインにロウソク足がタッチしたらlowに賭ける

この手法の一般的に言われているエントリー根拠は、

ストキャスとRSIが共に買われすぎなので、下降しやすくなる。

レジスタンスラインは一般的に高値圏にあるので、レジスタンスラインにロウソク足がタッチしたときにストキャスとRSIが共に買われすぎであれば、そのラインで下降しやすいはずである。

という感じですよね?

しかし、私の見解では、

・ストキャスとRSIはともに過去の値動きを参照して計算した結果の指標であるので、騙しが多くエントリーの根拠にするには弱すぎる。

(オシレータ以外にも過去の値動きを参照して計算した結果の指標はあるが、オシレータはそれらの中で一番ランクが低い)

・「レジスタンスラインは一般的に高値圏にあるので、レジスタンスラインにロウソク足がタッチしたときにストキャスとRSIが共に買われすぎであれば、そのラインで下降しやすいはずである」という程度の考えでのラインの使い方であれば、ラインそのものの使い方が間違っている。(*1のようなラインの使い方をしていない)

という考えに至ります。

つまり、オシレータを見て、上のように適当にラインを使っているようであれば到底勝てないということが分かりますね。

 

オシレータとラインを使って勝つにはどうすれば良いか?

オシレータは「オシレータ以外にも過去の値動きを参照して計算した結果の指標はあるが、オシレータはそれらの中で一番ランクが低いということがあるので、ここではオシレータはほとんど必要ありません。

問題はラインの方です。

上記のようにオシレータを利用したラインの考え方ではなく、*1のように自分で引いたラインが将来どのように働き、どのような相場を形成するか自分でシナリオを立てる必要がある

という考え方でラインを引けるようにならなければなりません!

*1のようなラインの引き方を習得できれば、おのずと勝率が格段にupすることになるでしょう!