エントリー根拠とは?

賭けるときの理由で、例えばあるポイントでlowに賭けるときに、そこで賭けた理由として、

ストキャスが80越え

上位足の中期移動平均線が下向き

レジスタンスラインブレイク

チャネルラインタッチ

などがあります。

賭けるときに、このエントリー根拠が多ければ多いほど勝率は上がります。

 

エントリー根拠は何個あったほうが良いか?

エントリー根拠は最低でも3~5個は欲しいところです。

私の場合は普段エントリーするときにエントリー根拠は約7個あります。(強いエントリー根拠が1つ混じっているときは、3個のときもあります)

弱いエントリー根拠のときはたくさんエントリー根拠を集めて、強いエントリー根拠があるときは少ないエントリー根拠で良いです。

 

エントリー根拠であるように思われてエントリー根拠ではない理由

皆さんがエントリー根拠だと思っているものがエントリー根拠ではない可能性があります。

私の主観ではありますが、オシレータ系(ストキャスやRSI、MACDなどのサブチャートに表示されるインジケータ)をエントリー根拠としている方は特に危険です。

なぜならオシレータ系のエントリー根拠はエントリー根拠にならない可能性が高いからです。

なぜかというと、オシレータ系は相場の後追いで、騙しも多いからである。

ストキャスやRSIって騙しが多く、組み合わせて考えても他のエントリー根拠がたくさん必要になってきますよね?

だったら、ストキャスやRSIって別にいらないですよね。ついでに見ようとかお飾りとかおまじない程度にしかなりません。

ストキャスやRSIを単純に組み合わせて勝てるのであれば、周りはすでにみんなバイナリーで勝っている状態になっているはずです。(実状は大半の人が負けている)

よって、私の場合はオシレータ系のエントリー根拠をエントリー根拠としてみないです。

なので、オシレータ系はエントリー根拠に含めずに考えていきます。

 

このような賭け方だとエントリー根拠が限りなく0に近い

ストキャスが80以上、RSIが70以上のときにボリンジャーバンド+3σ(+2σも多い)にろうそく足がタッチしたときにlowに賭ける。

上記の手法って結構よくありますよね?

その時のエントリー根拠は

ストキャスが80以上

RSIが70以上

ボリンジャーバンド+3σタッチ

の3つになりますね。

ストキャスとRSIはオシレータなのでエントリー根拠になりません。

ボリンジャーバンド+3σはボリンジャーバンド自体が反発を表すインジケータではないので、エントリー根拠になりません。

 

【参考】ボリンジャーバンドの罠↓↓

https://www.binary-invest.com/bollingerband/

 

よって、このような賭け方をしているとエントリー根拠は0個になります。

エントリー根拠の最低必要個数の3個にも届いていませんね。

 

まとめ

オシレータ系のエントリー根拠はエントリー根拠にならないので、オシレータ系以外のエントリー根拠を最低3個以上見つけるようにしましょう。

ライントレードに徹すれば、たくさんエントリー根拠を見つけられるはずです。

オシレータを一切見ずにライントレードでやっていくほうがうまくいきます。

大半の負けている人の原因は、オシレータ系を利用して頑張って勝とうとするから勝てないのです!