ダウ理論とは?

リチャード・ダウが『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙に寄稿した論説を基に考えだされたテクニカル分析の理論である。

ダウ理論は株、FXなどの投資分野でよく使われており、投資の勝ち組の中にダウ理論を取り入れて分析しているトレーダーは多いので、知っておくべき内容である。

株、FXでよく使われていて、バイナリーの場合はどうなの?という質問も多いが、バイナリーでもダウ理論は非常に優位性のある分析方法である。

ダウ理論は6つの基本的な法則から成り立つが、バイナリーで大事な内容だけピックアップしていく。

ダウ理論で重要な内容!

1、主要トレンドは3段階から成り立つ

ダウ理論の3段階の主要トレンドとは、

a, トレンド初期段階。機関投資家などが買いに不利だとして、「底買い」をはじめる段階。
つまり、買いの仕込み段階。

b, トレンド中期。他の市場参加者が追髄して買っていく。価格の上昇率が高くなる。

c, トレンド後期。最初に買い始めた市場参加者が利確しはじめる。
価格は上昇しているが上昇が弱くなり、下落し始める瞬間にも直面しやすくなる。

2、トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

ダウ理論ではトレンドは継続するという前提で考えられ、トレンド相場は押しや戻しを繰り返しながら、明確な転換シグナルが発生するまで継続する。

転換シグナルは上昇ダウの場合は「高値切り下げ、安値切り下げ」、下降ダウの場合は「安値切り上げ、高値切り上げ」などのことを指す。

ダウ崩壊理論がトレンドの転換シグナルである。

【参考】ダウ崩壊理論
↓↓

https://www.binary-invest.com/dow-collapse-theory/

 

図1、 上昇ダウ

図1のように、上昇ダウの場合は、「安値切り上げ」、「高値切り上げ」を繰り返して、上昇相場を形成する。安値切り上げというのは、安値1の谷と安値2の谷を比較したとき、安値2の方が安値1より価格が大きい状態を示す。高値切り上げは、高値1の山と高値2の山を比較したとき、高値2の方が高値1より価格が大きい状態を示す。

このような状態のときは上昇のトレンド相場である。

 

図2、下降ダウ

図2のように、下降ダウの場合は、「高値切り下げ」、「安値切り下げ」を繰り返して、下降相場を形成する。高値切り下げというのは、高値1の山と高値2の山を比較したとき、高値2の方が高値1より価格が小さい状態を示す。安値切り下げは、安値1の谷と安値2の谷を比較したとき、安値2の方が安値1より価格が小さい状態を示す。

このような状態のときは下降のトレンド相場である。

バイナリーでは上記1のa,b,c のどこを狙うべきか?

aの場合は大口投資家が底買いする瞬間なので、相場的にはボリバンミドルバンドより下側にろうそく足がある状態なので、ここでhighに賭けるのは相場的には非常に難しい。(上位足も相場は下目線の可能性大)
賭けるのは不可能ではないが、非常に技術力がいる局面である。

なので、初心者の方はあまり手を出さないのが無難である。

もし賭けるとしたら、「乖離」という考え方を導入したり、フィボナッチトレンドラインレジサポラインを利用して賭けるのがベストである。

ここで賭けれる人はほんの一握りなので、高い技術力を手に入れて賭けれるようになると、非常に美味しいポイントとなる。

bの場合はレンジ抜けの瞬間や、エリオット波動の上昇3波目からhighに賭けることが多い。
レンジ相場で引いているレジスタンスライン抜けを狙ったり、上昇3波目の押し目を狙ってhighに賭けるのが1番無難である。

もちろん、賭けるときの「相場環境」を認識している前提の話である。

cの場合は利確ラッシュになるので、high狙いよりかはむしろ、low狙いの方が多い。
ダブルトップネックラインブレイク後や押し安値ブレイク後にlowで賭けるべきである。

以上a,b,cを挙げたが、トレンドに逆らわずに賭けるという点を考慮(トレンドの向きに合わせて賭けるのが1番簡単だから)すると、bが1番良いという結論になる。

ただし、波動論など色々高い技術を習得できるようになると、aやcの局面で賭けるというのも良い。