ダウ崩壊とは?

ダウ理論」で上昇ダウと下降ダウを勉強しました。

↓↓

https://www.binary-invest.com/dow-theory

 

ダウ崩壊というのは、例えば上昇ダウのときに、高値切り上げ、安値切り上げを繰り返し行うが、高値切り下げの後に、安値切り下げが来ることである。

そのときにダブルトップの形になりやすく、ネックラインを下抜けると、相場目線をやや下向きにしたり、押し安値を下抜けると、相場目線を下向きにしたりする。

 

ダブルトップ、ダブルボトム
↓↓

https://www.binary-invest.com/double-top-double-bottom

 

押し安値、戻り高値
↓↓

https://www.binary-invest.com/push-point-return-point

 

ダウ崩壊の直後はレンジ相場になりやすい

上昇ダウが崩壊した後はレンジ相場になりやすい。

なぜなら相場サイクルは「レンジ⇒トレンド⇒レンジ⇒トレンド⇒レンジ・・・」の繰り返しだからである。

lowに賭けたいときは、基本的には上昇ダウが崩壊してから賭けるというのがセオリーである。
(上昇ダウ中にlowに賭けるのは高等テクニックなので今回は除く)

 

ダウ崩壊まとめ

上昇ダウ崩壊時はダブルトップになりやすく、ネックラインを下抜けると相場目線はやや下目線。
押し安値を下抜けると相場目線は下目線となる。

下降ダウ崩壊時はダブルボトムになりやすく、ネックラインを上抜けると相場目線はやや上目線。
戻り高値を上抜けると相場は上目線となる。