ボリンジャーバンドとは?

「ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)」は、1980年頃にジョン・ボリンジャー氏が統計学を加えて考案されたトレンド分析法である。

ボリンジャーバンドの中心になっているものが移動平均線であり、移動平均線に加えられている「統計学」と言う部分は、移動平均線を中心として上下に標準偏差で求められた帯状のライン(バンド)の事で、この上下のバンドによって挟まれた間が、将来の相場における価格の変動幅を一定の確率の元に表現したものである。

簡潔に言うと、価格の大半がバンドの中に収まるということである。

ボリンジャーバンドの各偏差におけるボリンジャーバンドの中にロウソク足が収まる確率は以下のとおりである。

ボリンジャーバンドの±1σ内に値動きが収まる確率は68.3%

ボリンジャーバンドの±2σ内に値動きが収まる確率は95.5%

ボリンジャーバンドの±3σ内に値動きが収まる確率は99.7%

 

よって、値動きはボリンジャーバンドの±2σ内にほぼ収まる事が考えられるため、「逆張り」による投資のタイミングを計るための王道的なテクニカル指標だと考えられているが、ジョン・ボリンジャー氏は「順張り」による投資を行うためのテクニカル指標だとしている。☆1

ボリンジャーバンドは「収束」(スクイーズ)と「拡散」(エクスパンション)を繰り返している。

一般的には、ボリンジャーバンドがスクイーズしているときはレンジ相場、エクスパンションしているときはトレンド相場となりやすい。

☆1については、実際のところどうなのであろうか?

実際に考えていこう。

ボリンジャーバンドはロウソク足の反発だけを示すインジケータではない

ロウソク足がボリンジャーバンド2σにタッチすると、反転しやすいと思っている人が異常に多いが、バンドウォークといって、ロウソク足がボリンジャーバンド2σに連続してタッチする現象のときは、タッチする方向に値が動きやすい。

ボリンジャーバンド2σタッチで逆張りはうまくいかない

ボリンジャーバンド±2σ内に値動きが収まる確率が95.5%なので、ボリバン2σタッチで逆張りすると勝率が高いと思いがちです。

しかし、収まる確率が95.5%と言っているだけで、誰も反発率が95.5%とは言っていません。

収まる確率が95.5%であれば、反発しやすいはずと思ってしまいそうですが、相場を考えていけばよく分かります。

全体の相場を考えていく

全体の相場のレンジ相場が70%トレンド相場が30%である。

ボリンジャーバンド±2σ内に値動きが収まる確率が95.5%で、そのうちの大半がボリンジャーバンド2σにタッチしないというのは容易に想像できる。

収まらない確率は4.5%となるが、そのときにバンドウォークが起きやすい。
バンドウォークが起きているということは、その時の相場はトレンド相場になる瞬間が多いということも順を追って考えていくと想像できる。

つまり、ボリンジャーバンド2σにロウソク足がタッチしたときに逆張りしようとしても、その時の相場はトレンド相場になる瞬間のことが非常に多く、体感的に反発率が50%あるかないか程度になってしまう。

なので、それだけで逆張りしようとするのは危険である。

ボリンジャーバンドは逆張り方向にも、順張り方向にも働く

今まで述べた内容から、ロウソク足がボリンジャーバンドにタッチしたときは、値動きは逆張り方向、順張り方向の両方に進むので、ボリンジャーバンド自体を賭けるときの大きな指標として使うのはあまり好ましくない。

1つの賭けるときの目安程度に考えるのが良いのである。